EVENT イベント

TOKYO POST CARD AWARD 2015

創業百余年の龍名館では、多くの文化人が宿泊代の代わりに自身の絵画等を置いていったという逸話があります。現代においても、アーティストとともに成長していくホテルを目指し、また東京の文化を発信することを目的に2012年よりART RYUMEIKAN TOKYOプロジェクトを開始しております。

この度、第3回目の、「TOKYO POST CARD AWARD 2015~標×東京×和~」を実施します。アーティストの力を借りて、宿泊されたお客様をはじめ、弊社ウェブサイトを通じ世界へ、東京の魅力を伝えることを目的としています。アーティストには「標×東京×和」をテーマに、明るく魅力ある東京を、世界へ伝えるポストカードとしてデザインをしていただきます。ポストカードは、ART RYUMEIKAN TOKYOのウェブサイト、またホテル龍名館お茶の水本店、ホテル龍名館東京の客室、パブリックスペースに無料配布し展開します。公募者9名を選出し、創作活動の支援、これからの芸術文化の振興と芸術家の育成を図れるキッカケにもなればと期待しています。

また、審査委員長には、別府現代芸術フェスティバル総合ディレクター、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長、横浜トリエンナーレ2005キュレーター等、多くのアートプロジェクトを主導されている芹沢高志氏をお迎えし、厳正なる審査を行います。18歳以上、具象抽象、立体平面問わず、ポストカードという小さな世界に表現してください。東京の魅力を世界に伝えると同時に、アーティスト皆様の一層のご活躍を心から願っております。

「標×東京×和」
昨今、様々な社会情勢を背景に、改めて日本、和というものが見直され始めています。
そんな中、東京オリンピックの開催など将来に大きな目標を抱えた東京では、東京が持っている和という要素を再認識することが求められており、その大切さに多くの人が気づき始めています。

私たちの東京は、今後どのような街になるのでしょうか。
どのように東京の和を発信していくのでしょうか。

過去における未来とはテクノロジーの進化や新しいもの、古いものの破壊、想像できないものが未来像として描かれていました。しかし現在では、見たことのあるもの、無くなったもの、壊れたものを再現することがこれからの未来として語られることも増えています。
まだ見ぬこれからの東京の標(しるべ)となるものをアートの力で表現して下さい。私たちがアートに求める力とは、多様な東京の価値を捉え、その表現力でホテルゲストを楽しませ、ツーリストを刺激し、その感動を伝播(共有)させるものです。
アートという言葉の定義は現代では幅広いものになっていますが、ポストカードというホテルのステーショナリーとして、その機能性を含んだデザインも期待しております。

東京の和の標とは何でしょうか。皆さんの思う、東京の標をお待ちしております。

公募受付期間 2014年10月1日(水)~2014年11月30日(日)
一次審査 2014年12月
最終審査 2015年2月
授賞式・講評 2015年3月
※最終審査は、一次審査通過者へのみ、メールにて直接ご連絡いたします。審査結果の内容につきましての電話でのお問い合わせや、審査に対する異議申し立てには応じられませんのでご了承下さい。

入賞されました作品はポストカードとして制作の上、ART RYUMEIKAN TOKYOウェブサイト、ホテル龍名館お茶の水本店、ホテル龍名館東京の客室、パブリックスペースに設置展開、宿泊者等へ無料配布します。 ポストカードの配布・展示期間は、2015年春ごろから1年間。ポストカード配布・展示期間終了までに双方からの特段の申し出がなければ、延長することもあります。
ART大賞 1名 賞金10万円
龍名館グループホテル招待券
ポストカード制作
ホームページ掲載
ART賞優秀賞 2名 賞金5万円
龍名館グループホテル招待券
ポストカード制作
ホームページ掲載
審査員特別賞 4名 龍名館グループホテル招待券
ポストカード制作
ホームページ掲載
龍名館特別賞 1名 龍名館グループホテル招待券
ポストカード制作
ホームページ掲載
お客様審査員賞 1名 龍名館グループホテル招待券
ポストカード制作
ホームページ掲載
以下の要件に沿ったファイルで、未発表作品に限ります。
サイズ 154mm×107mm
解像度 350dpi
カラー フルカラー、またはモノクロ、どちらも可
対応形式 以下、4つのファイル形式のいずれかで入稿下さい。
Word, Excel, PDF等での入稿は受け付けません。
①JPEG
②aiデータ
③eps (Photoshop EPS 形式のみ対応)
④psd(「画像を統合」を必ずして一つのレイヤーにまとめてください)

※入稿時のご注意
指定のポストカードサイズにて入稿お願いします。解像度が低いと画像が粗く出力され、イメージ通り印刷できない場合があるため指定の解像度で入稿いただくようお願いします。

※カラーについてのご注意
当社指定の印刷会社による印刷、またはWEB上(モニター上)での表示によって、多少色味とは違いが出る場合がございます。あらかじめご了承ください。
出来る限り印刷の色味をご確認されてからご入稿ください。色指定がある場合は、DICカラーNoを指定頂くようお願いします。

※入稿時のご注意
指定のポストカードサイズにて入稿お願いします。解像度が低いと画像が粗く出力され、イメージ通り印刷できない場合があるため指定の解像度で入稿いただくようお願いします。

本イベント公式ウェブサイトの入稿フォームより、入稿をお願いいたします。
1)年齢:18歳以上
2)応募形式に沿ってデータ入稿をスムーズに出来る方。(経歴、所属は問いません。)
審査委員長 芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
審査委員 浜田敏男(龍名館 代表取締役社長)
水野豊(ホテル龍名館東京 取締役総支配人)
和賀茂樹(ホテル龍名館お茶の水本店 支配人)
太刀川英輔(NOSIGNER 代表取締役)
猪股春香(アートコーディネーター)
勝俣ゆき子(ギャラリー園 代表)
Andy Kin(金基錫)(JAPANKURUクリエイティブディレクター)
松本慶大(コレリィアンドアトラクト代表取締役社長、100年倶楽部代表)
※「龍名館特別賞」は、最終審査にて、社内投票形式にて審査を行います。
※「お客様審査員賞」は、最終審査にて、一般投票形式にて審査を行います。

※著作権は作者に帰属します。
※作品の入稿等にかかる費用は全て応募者の負担とします。また入稿中のデータの破損等について、主催者は責任を負いません。
※ポストカードは主催者の既定の形式に則って作成いたします。応募者の意向に沿えるよう最大限努力いたしますが、規定外の形式にはできかねますので予めご了承ください。
※応募規定にそぐわない等の理由により、審査結果発表後でも賞を取り消す場合があります。※応募に関する個人情報は、本企画以外の目的には一切使用いたしません。

PAGE TOP