THE SAPEUR サプール写真展

皆様こんにちは。
ホテル龍名館東京フロントの小橋と申します。

今回は当館より程近い、大丸東京店で開催される
「THE SAPEUR サプール写真展~平和をまとった紳士たち」の展示会について
ご案内致します。

皆様は"サプール"についてご存知でしょうか。
最近ではテレビで取り上げられる事も多く、しばしば耳にしている方が多いこと存じます。

サプールとはコンゴ共和国で、1950年から1960年代のパリの紳士をイメージした
高級ブランドスーツの装いでメインストリートを闊歩する人々の事を指します。
華やかな色使いのスーツに身を包む彼らを有名ブランドのデザイナー、
ポールスミス氏が絶賛した事により一躍有名になりました。

コンゴ共和国の平均月収は、アフリカの中で統計を取るのが難しい程で推定1万円~2.5万円と言われています。
そして、彼らはコンゴ共和国の中でも富裕層ではありません。
つまり何か月もの間貯金して、そのほとんどを高級ブランドのスーツや小物に充てています。

彼らサプールのポリシーは「暴力的な行動は起こさず、エレガントな装いをして自分に誇りを持って生きること」です。
サプールが週末に踊りながら闊歩する様子は街の人々にエンターテイメントの
一環として受けいれられ、言わば憧れの芸能人の様な存在です。
そのような彼らが、内線の絶えないコンゴで「非暴力」を訴えることはとても大きな意味があることなのでしょう。

外見、装いが変われば内面が変わると信じ、またそれがコンゴに広がり
平和に繋がる事を願っているサプールの方々の展示会です。
お時間のある際にご覧になる事をお勧め致します。

sapeur.jpg

(撮影:SAP CHANO/公式HPより)

【会期・時間】
9月28日~10月10日
入場時間10時~19時30分 (20時閉場)
※木・金曜日は20時30分まで (21時閉場)
※最終日は17時30分まで (18時閉場)

【入場料】
一般:500円 中学生以下:無料

【アクセス】
大丸東京店 11階催事場
〒101-6701
東京都千代田区丸の内1-9-1

JR東京駅八重洲北口改札を出てすぐ
ページトップへ Pagetop
  • ホテル龍名館
  • ホテル龍名館お茶の水本店
  • ホテル龍名館東京
  • GEEN TEA RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU
  • 花ごよみ東京
  • 紺碧の海 六本木