ABOUT ART RYUMEIKAN TOKYOについて

  • これからも変わらずアーティストとともに成長するホテルであり続けたい

    ART RYUMEIKAN TOKYOは、2012年より龍名館がホテル龍名館東京を中心とした各事業所を舞台に展開しているアート活動の総称です。
    明治32年創業、龍名館の百余年の歴史を紐解くと、多くの文化人が宿代の代わりに絵画等の作品を置いていった逸話があります。龍名館はアーティストをサポートする場所でもあり、また感性を磨く場所でもあったのです。
    103周年を迎える2012年に、これからも変わらずアーティストとともに成長するホテルであり続けたいとの思いからART RYUMEIKAN TOKYOはスタートしました。

    ART RYUMEIKAN TOKYO(ART)プロジェクトは、世界有数のメトロポリタンである東京のカルチャ―をホテルを彩るアートを通じて発信したいと考えております。

    東京(街)の中心にあるホテルだから出来ること・・・いつも心にアートを!
    日本にはとても魅力的なアーティストやアートが多く存在しますが、それらのアートが私達の生活(ライフスタイル)に溶け込んでいるか?というと、まだまだ彩りに十分ではありません。

    日本では、日常生活でアートに親しむ習慣が少ないともいわれ、音楽や映画などはポピュラーですが、日常的に何かしらのアートを購入する人は多くありません。

    アートの概念は幅広く、観る人の感じ方によりアートでないものもアートになります。
    (一部の高価なアートを除き)実はアートはもっと身近な存在で、自分のライフスタイルをより精神的に豊かなものにしてくれる存在です。

    アートは生活する上では必ずしも必要なものではありませんが、時や世界を越えて精神的な「つながり」や「豊かさ」を生みます。

    ホテルレストラン事業部
    取締役部長 水野豊

    ホテル龍名館東京では、まだ発信の場に恵まれない若手アーティストを中心に東京や和の文化をテーマに現代的な切り口でアートを創作して貰い、彼らの作品に触れる切掛けを作ると共に、彼らのアートを通じて東京に訪れる世界の方々に東京の魅力を伝えて行きたいと思っております。

    ホテル龍名館東京に訪れたことをキッカケに、幅広いアートの世界を体感し、新たな東京の魅力に触れて下さい。

  • As ever, we hope to continue as a hotel that grows together with artists.

    ‘Art Ryumeikan Tokyo’ is the collective term for the art activities on exhibition from 2012 at each Ryumeikan branch, centered on the Hotel Ryumeikan Tokyo. Reading through the history of Ryumeikan since its founding in 1899, one sees many anecdotes of cultural figures leaving artworks in exchange for accommodation. Ryumeikan has long offered support to artists, and has been a place to hone artistic sensibilities.

    In 2012, as Ryukmeikan approaches its 103rd anniversary, we hope as ever to continue as a hotel that grows together with artists. This was the starting point of the ‘Art Ryumeikan Tokyo’ project.

    Through the artworks that decorate the hotel, the ‘Art Ryumeikan Tokyo’ (ART) project aims to convey the culture of Tokyo, one of the world’s pre-eminent metropolitan cities. The hotel’s central location in the urban Tokyo means art is never far from our hearts!
    Japan is home to a great many fantastic arts and artists, but has their art really become part of our lifestyle? Their works are certainly still not often enough displayed.

    In Japan, there is little familiarity with art in daily life; while music and films remain popular, few people purchase any kind of art on a daily basis. The concept of art is broad; even something that is not art might be considered art, depending on the perspective of the viewer. Although it may not take the form of high-priced classical masterpieces, art is always around us and it enriches our lives spiritually.

    While art may not necessarily be a strict requirement for daily living, it gives birth to mental and spiritual connections and an enrichment that transcend time and borders.

    HOTEL RYUMEIKAN TOKYO
    General manager
    Yutaka Mizuno
    At the Hotel Ryumeikan Tokyo, the focus is on younger, as yet unrecognized artists, who have created for us a modern cross-section of art on themes of Tokyo and Japanese culture. In addition to creating opportunities to encounter their works, we hope that these works convey the appeal of Tokyo to visitors from across the world.

    We hope that your visit to the Hotel Ryumeikan Tokyo will be an opportunity to encounter a wider world of art, and to experience the charms of Tokyo once more.

PAGE TOP