GALLERY 作品のご紹介

  • 江戸東京物語

    「TOKYO POST CARD AWARD 2017」お客様審査員賞作品、清水幹雄氏の作品「江戸東京物語」。

    TOKYO POST CARD AWARD 2017について

    江戸東京物語 / Edo Tokyo Story / TOKYO POST CARD AWARD 2017

    清水 幹雄

    金沢美術工芸大学工業デザイン科卒業後、日立製作所にて医用機器、測定器等の製品デザイン。
    その後エレベーター等昇降機の拡販プロポーザルデザインを手掛ける。退職後はグラフィックデザインを主としたフリーデザイナーとして今日に至る。

    Mikio Shimizu / 清水 幹雄

    東京には江戸情緒が感じられる古い町並みと、現代最新鋭の建築技術とが融合した町並みが多く存在する。そしてそこに住んでいる人、訪れる人がすれ違う空間には、あたかも昔からの生活がそのまま残っているかのような雰囲気が漂っている。
    今回そのような町を取り上げることで「東京ものがたり」が表現できればと、浅草を舞台とした江戸東京融合の町を考察。
    江戸風景として歌川広重描く錦絵の世界、中でも彼の遺作ともなった名所江戸百景の中に、現代風景として、浅草寺や東京スカイツリーなどの建築物、行き交う人々を挿入することで、今昔コラボした「江戸東京物語」を描いた。

  • Edo Tokyo Story

    Special Recognition Award of TOKYO POSTCARD AWARD 2017.

    What is TOKYO POST CARD AWARD 2017

    江戸東京物語 / Edo Tokyo Story / TOKYO POST CARD AWARD 2017

    Mikio Shimizu

    After graduating from the Industrial Design Course at Kanazawa College of Art, I worked for Hitachi, Ltd., where I designed products including medical equipment and measuring instruments.
    >>more

    Mikio Shimizu

    Tokyo has numerous old streetscapes that are reminiscent of the Edo era atmosphere as well as a lot of streetscapes full of the latest, most advanced construction technologies. In the spaces where residents and visitors pass by, we can experience the atmosphere of the old way of life that has remained there.
    This time, I considered these towns and focused on a town in the Asakusa area where Edo and Tokyo merge to express a “Tokyo Story.”
    In the scenery of Edo described in the world of the Nishiki-e (colored woodblock prints) created by Hiroshige Utagawa, and in particular in the sceneries of “Meisho Edo Hyakkei” (One Hundred Famous Views of Edo), which was his posthumous work, I inserted contemporary scenes of the Sensoji Temple, Tokyo Skytree and people on the streets to create “Edo Tokyo Story” as a collaboration between the present and the olden days.

PAGE TOP