GALLERY 作品のご紹介

  • 東京ツリー

    「TOKYO POST CARD AWARD 2013」 ART優秀賞、Rio Taro氏の作品「東京ツリー」。

    <審査員長 芹沢高志氏の講評>
    盆栽は自然の樹木を用いながらも、人が長期にわたって日々手入れし、管理し続けて維持される人工—自然の小世界で、日本文化の一側面を良く現すものと思います。作者はその盆栽の姿に東京を重ね合わせ、そのなかに東京のさまざまな断片を埋め込んでいます。小さな世界に詰め込まれた雑多な要素、一見ごちゃごちゃとした印象でも、それはひとつの全体にまとまっている。私たちの自然と人工に対する錯綜する想いさえ表現されていて、とても面白い作品と思います。

    TOKYO POST CARD AWARD 2013について

    東京ツリー / TOKYO POST CARD AWARD 2013

    Rio Taro

    1988年生まれ。学生。

    国内の大学を卒業後、フランスに渡りアートと建築を学ぶ。 現在は帰国し、大学院で都市計画の研究を行っている。
    「人の気持ちをデザインすること」をデザイン理念とし、写真、グラフィック、プロダクト、建築、都市計画などの様々なジャンルでデザインを学び、活動を展開している。

    Rio Taro

    東京という都市は、力強い生命力をもった大木のようだ。 そのような東京の姿と、盆栽の姿を重ね合わせたものが本作品である。

    鑑賞者には、本作品を自分の手に取って、奥深くまで覗き込んでもらいたい。
    見れば見るほど、東京の断片を発見することができ、小さな盆栽の中に大きな東京を感じるはずである。
    つまり、本作品は俳句や茶室にも通ずる「日本の凝縮する価値観」を体験する装置であるとも言える。

    これからオリンピックに向けて、東京の姿が全世界に発信されていく。
    その際に、東京という都市を要約して分かりやすく伝えるのではなく、
    この複雑で力強い東京の生命力をそのまま世界に伝えたいと思い、本作品を作成した。

  • TOKYO TREE

    First prize awarded to the best of TOKYO POSTCARD AWARD 2013.

    The review from Takashi Serizawa is the president of the official jury.
    The bonsai is a microcosm of nature and artifice: a natural tree is used and yet it is then artificially maintained and managed daily for many years. In our view, the bonsai eloquently expresses one aspect of Japanese culture. The artist superimposes Tokyo onto this bonsai form and embeds various fragments of Tokyo into this. The miscellaneous elements crammed into the small world – though seemingly jumbled up at first glance – come together in a single whole. Even our confused ideas about nature and artifice are expressed and we find the work extremely amusing and interesting.
    What is TOKYO POST CARD AWARD 2013

    TOKYO TREE / TOKYO POST CARD AWARD 2013

    Rio Taro

    Born 1988. Student.
    Graduated from college in Japan, then went to France to study art and architecture.
    Currently back in Japan researching urban planning at graduate school.

    Studies and runs career on design that spans a variety of genres including photography, graphics, products, architecture and urban planning, maintaining a design philosophy of “Design feelings of the people.”

    Rio Taro

    This city called Tokyo is like a grand tree with an enormously strong life. This work associates the physique of Tokyo with the bonsai.

    We encourage viewers to take the work in their hands and look far into its depths.
    The more you look, the more you should discover the elements of Tokyo and get a sense of the metropolis in this little bonsai.
    In other words, this work is like a device that enables viewers to experience the Japanese value of condensation, as found in the haiku and the tearoom.

    With the upcoming Olympics, Tokyo will communicate itself to the entire world.
    In doing so, I wanted to convey this complex and powerful city as it is to the world, rather than summarize what the city is and make it easy to understand. That was how I created this work.

PAGE TOP