創業百余年の歴史 ~八重洲の歩み~

ホテルの歴史はその土地の歴史、八重洲の歴史をご紹介いたします。

日本全国への玄関口の東京駅、西側はオフィス街の丸の内口、東側は大丸百貨店や地下のショッピングセンターのある八重洲口です。東京駅を挟んで西と東は異なった印象を持っています。

「丸の内」とは江戸城の曲輪、つまり丸の内部という意味でした。それに対して現在の八重洲地区は、江戸城を囲む外濠の外側にあたります。地名は、江戸時代に豊後国(今の大分県臼杵市)に漂着したオランダ人のヤン・ヨーステンが徳川家康に 招かれ、屋敷を与えられて住んだ所があったことに由来しています。ヤン・ヨーステンは、オランダの航海士で1600年(慶長5年)イギリス人のウィリアム・アダムスらとともに豊後に漂着しました。その後、家康に迎えられてアダムスと共に江戸に出ると、家康の外交、貿易の顧問となり、世界情勢の説明などを行いました。
彼の屋敷 は馬場先門外の堀端にあったと言われており、その辺りを人々はヤン・ヨーステン河岸と呼んだらしくその後に訛って八代洲河岸と呼びました。明治5年に八代洲は八重洲となり今日に及んでいます。
明治頃までは日本橋、京橋から丸の内に入るには、外濠を渡らなくてはいけなく、そこに架かっていた橋が呉服橋、鍛冶橋、そして丸の内の八重洲に通じる八重洲橋でした。
この八重洲橋が今の東京駅八重洲口の所に架かっていたのが地名の由来です。

大正3年、東京駅の開業の際には八重洲橋は撤去され、駅の乗降口も丸の内側にしかありませんでした。関東大震災後に東京駅八重洲口ができ、大正14年に再び八重洲橋が築造されました。しかし昭和23年の外濠の埋め立てにより橋は再び消え去りました。そして昭和29年に、日本橋呉服橋・槇町が八重洲と改称 し、初めて中央区八重洲という地名が生まれました。

太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月には、米軍の空襲を受けて東京駅八重洲口が焼失。また、終戦直後の1949年(昭和24年)には失火により再び八重洲口が焼失しました。2度の焼失によって八重洲口の再開発が促され、1954年(昭和29年)に八重洲口に鉄道会館ビルが建設され、八重洲のランドマークとなる大丸東京店が開業し、にわかに中央区の表玄関として脚光を浴びるに至りました。
特に、東京オリンピック前後にはビルラッシュが続き、さらに昭和44年、八重洲地下街が完成し、大きな新しいショッピング街となりました。また、日本一の書籍数を誇る八重洲ブックセンターもあります。

八重洲口は、隣接する丸の内に比べ老朽化したビルが目立ち、再開発はあまり進んでいませんでしたが、現在「東京ステーションルネッサンス」の一環として再開発事業が進められています。2007年11月には、鉄道会館ビルの南北に超高層ツインタワービルグラントウキョウ(住所は「丸の内」)が大丸の移転とともに竣工。ノースタワーとサウスタワーの間に4階建ての歩行者デッキ「グランルーフ」の建設が行われました。鉄道会館ビルの解体により、 東京湾側から丸の内側への海風の通り抜けが改善され、ヒートアイランド現象が緩和することが期待されています。

宿泊日から探す

宿泊日

ご利用人数/1部屋

検索
ページトップへ Pagetop
  • ホテル龍名館
  • ホテル龍名館お茶の水本店
  • ホテル龍名館東京
  • GEEN TEA RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU
  • 花ごよみ東京
  • 紺碧の海 六本木