龍名館STYLE ~シャワーブース~

日々の慌しさから解き放たれる極上のプライベートタイム
STYLE4 シャワーブース

とっておきのプライベートルームで「働く女」が羽をやすめる、20時。
予約していた<プライベートシングル>の扉に体重を預け、しなだれるように扉を開ける。時計を見ると、20時を過ぎている。13時に東京に着いてから、もう7時間・・・。窮屈になったパンプスを投げ出し、ベッドに腰を下ろした。打ち合わせから流れて、クライアントに夕飯をご馳走になったのはラッキーだったけど、仕事の相手だとやっぱりちょっと疲れる。とりあえず、ドリンクを飲んでひと息しよう。ミネラルウォーターがいいかな?ボトルに提げてあるホテルのウエルカムメッセージに、心が和んだ。

それにしても、シングルルームなのに豪華。ホームページで見た写真よりも、広く感じる。落ち着きのある紫色のシックなインテリアと、外の音が一切聞こえてこない静かな空間の中にいると、「あー、やっと開放された」って実感。これからようやく一人の時間を過ごせる。最近、忙しくて疲れが溜まっていたから、この出張で「癒し」をテーマにホテルをセレクトして正解だった。
いい夢を見られそうなこのセミダブルベッドで、今すぐ寝たい!・・・と、ダメダメ。まだ仕事が残ってるんだった。まずシャワー浴びてすっきりしよう。この<ホテル龍名館東京>は、なんといってもマッサージ効果があるっていう「ボディシャワー」で選んだんだから!


シャワーブースに入ると、見たことのない形のシャワーがある。どんな仕組みになっているの? スイッチを入れて・・・と。わっ、スゴイ! 上からだけじゃなくて、横からもシャワーが出てきた! シャワーに包まれるなんて、これはちょっとしたアトラクションね(笑) でも、すごく気持ち良い・・・前の出張先にあったジェットバスも気に入ったけど、それ以上? 「ボディシャワーは水の圧力で血行を良くします」と説明があったけど、本当に浴びているだけでマッサージを受けているような刺激を感じる。今回みたいに忙しい日には嬉しいシステムね。バスタブがないのに予想以上に快適で、大満足!


次はお肌のお手入れ。予約をすると女性限定で用意してくれるっていう、エリクシールの基礎化粧品4点セット。実はこれも、楽しみのひとつだった。フェイスタオルは2枚あって夜も朝も清潔なものを使えるし、ドライヤーはマイナスイオン付き! メイクの必需品、コットンや綿棒もあって、細かいところまで気が利いている。ビジネスで使うホテルは、「女性視点」のアイテムやサービスにあまり期待はしていないけど、このホテルは「癒しと美」が行き届いていて、ステキ!

リフレッシュできたことだし、仕事モードに切り替えよう。奥行きも幅もちょうど良いデスクには、無料のLAN回線が完備してある。資料を広げたり、インターネットで調べたりすることが多い私にとっては、ビジネス空間としても快適で嬉しい限り。
でも、仕事を始める前に・・・。このホテル、他のシングルルームにはどんなサービスがあるのかな? ちょっとホームページをのぞいてみよう。へえ、<コンセプトシングル>は、この部屋にあるものとは別の「天井から降り注ぐレインシャワーがあります」か・・・これも期待できる・・・次の東京出張も、宿泊は<ホテル龍名館東京>に決まりね!

宿泊日から探す

宿泊日

ご利用人数/1部屋

検索
ページトップへ Pagetop
  • ホテル龍名館
  • ホテル龍名館お茶の水本店
  • ホテル龍名館東京
  • GEEN TEA RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU
  • 花ごよみ東京
  • 紺碧の海 六本木