東西線沿線スポット珍道中第11弾

皆さま、こんにちは。
ホテル龍名館東京フロントの岩間と申します。

また今年も花粉の季節がやってまいりました。
ティッシュと仲良く、今年もこの季節を過ごしたいと思います。

さて、今回は「神楽坂駅」周辺をぶらっと散歩してみました。
モダンな街、神楽坂の探検日記です。

kagurazaka

こちらは「毘沙門天 善國寺」です。
東西線神楽坂駅より徒歩5分程の場所にある日蓮宗の寺院でして、
新宿山ノ手七福神のひとつとして数えられています。

七福神めぐりと言うとお正月のホテル龍名館東京では
御朱印帳付プランが大人気でした。

善國寺の創設は桃山時代の文禄4年(1595年)のことです。
1595年と言えば、豊臣秀吉の嫡男であった鶴松が病気で亡なった後に
秀吉の養子となった豊臣秀次が切腹した年でもあります。
先に記した日蓮宗はお釈迦様が説いた教えである法華経を信仰する宗派で、
水戸藩主の水戸光圀公は大変信仰が厚い方として有名でした。

時代とともに毘沙門天様への信仰は盛んになっていき、
それに比例するように明治・大正初期には泉鏡花や尾崎紅葉など多くの文化人が
神楽坂周辺を闊歩し大いに賑わったそうです。

毘沙門天はインド出身の神様で、仏様ないし仏法を守る役目を担っています。
また多聞天とも号し、参拝者の願いごとを多く聞いてくださり、
七福神のおひとりとして、私たちに日々福を授けてくださっています。

日本は"無宗教の国"と言われています。
たしかに、1年を通して神道・仏教・キリスト教の行事をすべて行う
という家庭が多いように思います。
そんな日本において、桃山時代から民に信仰され続けてきた毘沙門天様は
変わりゆく日本を神楽坂の地でずっと見守りつづけてきました。
私たちが見られない景色をこれからも見守っていてくださるからこそ
安心して日々を過ごせるのではないでしょうか。

皆様の毎日が安心と幸せに満ちあふれる日々でありますように。

【アクセス】
東京メトロ東西線神楽坂駅 徒歩5分
※当ホテルからは東西線日本橋駅をご利用くださいませ。
https://www.ryumeikan-tokyo.jp/around12.html

【公式ホームページ】
https://www.kagurazaka-bishamonten.com/
ページトップへ Pagetop
  • ホテル龍名館
  • ホテル龍名館お茶の水本店
    RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU
  • ホテル龍名館東京
    HOTEL 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) TOKYO
  • 花ごよみ東京
  • 紺碧の海 六本木