東西線沿線スポット珍道中 第12弾

皆さまこんにちは。
ホテル龍名館東京フロントの岩間と申します。

今年もまた桜の季節になりました。
桜を見ると嬉しくもあり悲しくもあり、何だか複雑な想いになります。

さて、今回は日本橋駅周辺を散策してみました。
題して「ちょっぴり散歩~日本橋~」です。
日本橋にある観光スポットやお店をご紹介したいと思います。

ただ。
まずは日本橋の歴史について少しお話しいたします。
1603年の江戸幕府開幕とともに城下町として急成長した町、それが日本橋です。
五街道の起点となり水運にも恵まれていた日本橋には
全国からさまざまな職人が集まってきました。
それらは「暖簾」という形で現在まで受け継がれております。
ホテル龍名館東京も老舗のお店と多数繋がりを持って日本橋を盛り上げております。
私たちが想像するよりもはるかに栄えていたのでしょうね。

そして現在の日本橋の姿がこちら。

tozaisen121

お正月の箱根駅伝でもテレビに映る名所となっております。
日本橋の上には首都高速道路が通っており、
日本の高度経済成長期の発展を感じられる場所です。

そして先ほどもご案内いたしましたが、
日本橋は五街道の起点となっておりました。
その記念碑も建立されています。

tozaisenn122

商人たちが歩き回っているお江戸が目に浮かびます。
一度で良いのでタイムスリップしてみたいものです。

さて、日本橋を東京駅方面に歩いてみると
右側にはあるお店が見えてきます。

残念ながら写真は撮ることができなかったのですが、
「うさぎや」というどら焼きが有名なお店です。

ホテル龍名館東京にいらっしゃるお客様からのお問い合わせも多いお店です。
私も一度お土産として購入したことがあるのですが、
お渡ししたときにはとても喜んでいただけました。

実はどら焼きの発祥については諸説あり、
「いつ」「どこで」「誰が」作ったお菓子なのかは明確ではありません。
ただ、現在のようにあんこを2枚の生地で挟むようになったのは
大正時代からだと言われております。

また生地の円盤型は楽器「銅鑼(どら)」を模しているそうです。
私の祖母が子どもだった頃、どら焼きはとても高価で貴重なお菓子で
現在のようにすぐ手に入るお菓子ではなかったと聞いたことがあります。

ひとつひとつ大切にいただきたいですね。

それでは、今回のちょっぴり散歩〜日本橋〜はここまでです。

皆さまももしご縁があれば日本橋に遊びにいらしてはいかがでしょうか。

皆さまの今日、そして明日が素敵な1日となりますように。

【アクセス】
・日本橋
東京メトロ東西線日本橋駅A3出口 徒歩5分
・うさぎや
東京メトロ東西線日本橋にA3出口 徒歩3分

ページトップへ Pagetop
  • ホテル龍名館
  • ホテル龍名館お茶の水本店
    RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU
  • ホテル龍名館東京
    HOTEL 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) TOKYO
  • 花ごよみ東京
  • 紺碧の海 六本木