チェックイン日

宿泊日数

ご利用人数/1部屋

プランを検索する

ホテル龍名館東京

TEL03-3271-0971

TEL03-3271-0971

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-3-22
FAX : 03-3271-0977
→メールでのお問い合わせ

七夕 七夕
  • 七夕とはどんな行事?七夕飾りや短冊の意味とは

  • ホテル龍名館東京

7月7日の七夕は、織姫と彦星が1年に1度だけ会える日と言われていますが、本来七夕はどのようなことをする日なのでしょうか。
七夕行事の由来、飾りや短冊の意味や七夕に食べるものなどをご紹介します。

           

七夕の由来

七夕

七夕の由来

毎年、7月7日は七夕。「七夕」は季節の節目に当たる五節句のひとつです。
中国伝来の織姫星(こと座のベガ)と牽牛星(わし座のアルタイル)の「七夕伝説」と「乞巧奠(きっこうでん」に、日本古来の「棚機女(たなばたつめ)」の伝説や、「お盆前の清めの風習」などが結びついています。

中国伝来の伝説や儀式からの由来


七夕伝説

天の神様には、美しいを織物を織る「織姫」という娘がいました。化粧もせず仕事に精を出す娘を不憫に思い、天の神様は牛の世話を行っている「彦星」を引き合わせたのです。2人はすぐに恋に落ち、やがて結婚することに。

しかし、2人は結婚すると仕事をせず、遊んでばかりの生活をするようになってしまいました。
織姫が機織りをしなくなってしまったため天の衣類はすたれ、彦星が放っておいた牛もやせ細る始末。
怒った天の神様は、2人を天の川の東と西に引き離してしまったのです。
すると2人は悲しみにくれて、ますます働こうとしなかったため、天の神様は真面目に働くことを条件に、年に1度だけ2人が会うことを許しました。

それから毎年7月7日の夜は、織姫と彦星は天の川を渡り、会いに行くようになりました。
これが、七夕伝説のあらすじです。

乞巧奠(きっこうでん)

七夕伝説の織姫と彦星の逢瀬を祝い、織姫にあやかり機織りなどの技芸の上達を願い、巧みになるように乞う祭りと言う意味の乞巧奠が中国で催されるようになりました。さらに書道や音楽などの上達を祈る意味にも転じていったのです。


日本古来の伝説や風習からの由来


棚機つ女(たなばたつめ)の伝説

日本古来の棚機(たなばた)姫とは、織物を作る手動の機械を扱う女性を指し、「古事記」に登場する「棚機女」にちなんで天から降りてくる水神に捧げるための神聖な布を穢れを知らない女性が7月6日に水辺の機屋(はたや)にこもって俗世から離れて織る、という習慣がありました。「乙女が着物を織って棚に備え、神様に捧げる行事」と結びついたことがルーツとされています。

お盆前の清めの風習

お盆(旧暦のお盆は7月15日)の一週間前、7月7日はお盆の準備をする頃にあたり、お盆前に身を清めたり、井戸をさらって梅雨どきにたまった不浄を清めるなどの習わしがありました。
今でも「七日盆(なぬかぼん)」といい、墓掃除をしたり、仏具を洗ったり、墓参りの道を掃除したりする習わしが残っています。

このような伝説や風習が時代を経て合わさっていき、現在のようなかたちになりました。

七夕飾り・短冊の意味とは

七夕

七夕飾り・短冊の意味とは

「なぜ七夕飾りを笹の葉に飾るのでしょうか?」
それは昔の人は笹を神聖なものとして扱ってきたためです。笹はまっすぐ天に向かって伸びる性質を持っています。
そのため笹に願い事を込めた短冊を飾ることで、天界にいる神様やご先祖様に願い事が届きやすいと信じていました。

1. 五色の短冊

五色は、「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことを指し古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。
日本では、好まれない黒の代わりに高貴な色とされる紫とされました。
「木(植物)は青・火(炎)は赤・ 土(大地)は黄・金(鉱物)は白・水は黒(紫)」を表しています。
この五色を短冊や吹き流しに使用することにより、魔除けの意味を持たせたと言われています。

江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれました。
願い事にあった色に願い事を書くことで、願いが叶いやすくなるともいわれているようです。

しかし、現代の日本では短冊に願いを込めることは変わってはいませんが、短冊の色はあまり意識されなくなりました。
逆に、笹竹に飾る短冊や飾り物は次第に派手さを競うようになり、仙台や平塚の七夕などでは大きな吹流しや紙細工の飾り物を付けるなど、 絢爛豪華なお祭りとなっています。

2. 吹流し

吹流しは織姫の織り糸を表現しています。裁縫や機織りが上手になりますようにという意味を込めて飾ります。
また五色の吹流しを飾ることで魔除けの意味にもなります。

3. 千羽鶴

鶴は縁起の良い鳥とされており長寿の象徴でもあります。家内安全や、長寿を願う飾りです。

4. 紙衣(かみこ)

「かみごろも」とも言います。紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。
裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。

5. 巾着

巾着はその昔お財布として使われていました。「金運アップ」や「無駄遣い防止」など、お金に関する願いを込めて飾られる七夕飾りです。
より金運を高めたい場合には、黄色や白色の紙を使って作った巾着を飾るとよいとされています。

           

七夕に食べるもの

七夕

七夕に食べるもの

             

七夕は桃の節句や端午の節句と同じ五節句の一つ。
この五節句にはそれぞれ行事食というものがあり、 ひな祭りにはあられ、こどもの日には柏餅やちまきなどが食べられています。

索餅(さくべい)

索餅が中国から日本に伝わったのは奈良時代。7月7日に索餅を食べると無病息災で過ごせると伝わったようです。
小麦粉と米の粉を練り、縄のように細長くねじって作ります。

そうめん

索餅は「索麺」とも呼ばれ、のちにその「さくめん」が「そうめん」に変化したとも言われています。
後にそうめんを食べる習慣になりますが、このそうめんの先祖こそが索餅だと言われています。
そうめんには色つきのものもあるので、五色の短冊にちなんで「五色そうめん」にすると、七夕らしさが演出できますね。

かりんとう

索餅にもっとも近いお菓子が、かりんとうです。
昔、中国で若くして王子が亡くなり、この王子が亡くなった後、多大な祟りをおよぼしました。
これを収めるために、王子が好きだった麦のねじり菓子索餅(=かりんとう)を供えたところ祟りが収まり国が穏やかになったといいます。
ねじり菓子を神様にお供えして祟りが起こらないようにするようになりました。

ちらし寿司

七夕と言えば、ちらし寿司を食べる方も多いのではないでしょうか。
実は、七夕にちらし寿司を食べるという事に関しては、由来や理由が存在しません。
ただ、お祝いをする日にちらし寿司を食べるということなら、きちんとした意味があります。

日本では昔からお祝い事がある時にお寿司を食べるという習慣がありました。
その地方で取れる食材を使ったお寿司が好んで食べられ、山間部なら山菜や畑で収穫した野菜を、港町では新鮮な魚が食材として利用されていました。
こういった習慣があったので、七夕でもお祝いとしてちらし寿司が食べられるようになったと考えられます。

オクラ

七夕に食べると縁起が良いとされている食べ物には、夏野菜が多く含まれています。
それは、七夕の日に夏野菜を神様に備えるという風習があったからです。

特に夏野菜のオクラを七夕に食べると縁起が良いとされています。理由は切り口が星型だからです。
切り口が星型になるオクラを食べて、願いを天に届けましょうということです。
オクラは夏バテ防止の食材としても知られています。七夕にオクラを食べて、これからやってくる本格的な夏を乗り切りましょう、という願いも込められています。

ほうとう

信州では七夕を月遅れや旧暦で祝います。月遅れの七夕だと8月7日ですし、旧暦の7月7日は8月16日にあたります。
長野県内の松本地域では、夏から秋に変わろうかというこの時期にだけ食べられている地元の風土が生んだ郷土食があるので紹介しましょう。

長野県の松本地域には、8月7日に「七夕ほうとう」を供える風習があります。あんこを絡めた幅広の麺。松本地域で作られる「七夕ほうとう」です。
昔から松本地域では多くの農家が小麦を栽培していて、ちょうど収穫の時期が重なっていたからだと言われています。
小麦の収穫に感謝をして甘いもの、特別なものということで、あんこをまぶしたり、きなこをまぶしたりしていただくそうです

           

ホテル龍名館東京の七夕

ホテル龍名館東京の七夕

ホテル龍名館東京の七夕

ホテル龍名館東京では、毎年7月7日の七夕に向けて笹を飾ります。

今年もお客様にご記入いただける短冊を用意いたしますので、
ご宿泊の際には、皆様の願いを込めた短冊を飾ってみてはいかがでしょうか。

今年も織姫と彦星が逢えますように…。
龍名館でもお子様の健康とご多幸をお祈りしながら飾っておりますので、ご来館の際は是非ご覧ください。